術後の生活は包茎治療の前に医師に確認

男性の深刻なペニスの悩みについて

女性には毎月やって来る生理という悩みがあります。
ホルモンのダイナミックの増減で、バランスを崩しメンタルや体に様々な問題が生じるんです。
腹痛や乳房の痛み、食欲不振や精神不安定にイライラなどがあります。
生理痛やそれに伴う症状によって日常生活がままならない人も少なくありません。
男性にはこうした悩みがないと思われがちですが、男性はペニスに問題を抱えていることが多いです。
仮性包茎や真性包茎がその代表的なものであり、包皮で亀頭が半分もしくは全ておおわれることで問題がみられるんです。
例えば見栄えが悪くセックスや温泉などの入浴の際に、自分のペニスを見られることが嫌になりコンプレックスを抱えます。
そして包皮とÝ着している亀頭の間に、恥垢がたまって不衛生になってしまいます。
さらにそこから悪臭を放つことも多く、問題になっていくのです。
こうした包茎で悩んでいる人は包茎治療を受けるとよいでしょう。

包茎治療と術後の生活での注意点

包茎治療は泌尿器科などで相談し、適切な手術を受けることができます。
包茎治療では、全身麻酔をして亀頭と癒着している包皮を剥ぎ取り、縫合することでペニスの形を整えます。
包茎治療で手術が激痛なのではないかと心配になり、包茎治療に二の足を踏む人も少なくないです。
しかし全身麻酔で手術の時には痛みを感じないので、安心して手術を受けるとよいのです。
むしろ術後の生活で問題が生じることが多いので、あらかじめ医師によく術後の事や注意点を確認しておくことが大事です。
包茎手術の術後は、麻酔がきれるとペニスに痛みが走ることがあります。
これは事前に医師から処方された痛み止めを服用して対処するとよいでです。
ペニスがはれたり赤くなるのは、ダウンタイムで日が経過するとおさまっていきます。
術後性欲によってセックスやオナニーなど性行為をしたい衝動に駆られることもありますが、摩擦で縫合が取れてペニスが型崩れするので控えなければいけません。

まとめ

男性には真性包茎等でペニスに問題を抱え、悩んでいる人が数多く存在します。
亀頭が半分もしくはすべて包皮で隠れ、コンプレックスを抱えセックスや入浴に拒絶反応を起こす人もいます。
そして包皮と亀頭の間周辺に恥垢がたまって不衛生であり、悪臭を放つこともあります。
こうした場合には泌尿器科で包茎治療を受けるとよいです。
手術中は麻酔がきいてるので痛みはありませんが、術後の生活上で問題が起こることが多いです。
そのため手術前に注意点や避けることを医師によく確認することが大事です。
セックスなどは控える必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。